2015年05月21日

ローソク足

通貨のレートは日々動いていますが、一定期間(1時間や4時間、1日など)の
レートの動きを、2色の棒で表したものが「ローソク足」です。

この形が火を灯すローソクに似ていることと、その形からレート変動の足取りが
わかることから、「ローソク足」と言われています。

ローソク足は次の4つの為替レートを使って作られています。
・始値(はじめね):そのローソク足で最初の為替レート
・終値(おわりね):そのローソク足で最後の為替レート
・高値(たかね) :そのローソク足で最も高い為替レート
・安値(やすね) :そのローソク足で最も安い為替レート

1日の為替レートの動きを使って作られたローソク足を
「日足(ひあし)」と呼びます。1時間、4時間など一定期間の中で、
それぞれの期間の始値、高値、安値、終値の4つの為替レートを使うと、
「1時間足」、「4時間足」のローソク足を作ることができます。

ローソク足には、実体(胴体)には名前があり、
始値より終値が高いときは「陽線」、始値より終値が安いときは「陰線」
と呼ばれます。

色を塗り分けることで、1つのローソク足の始めと終りを比較して、
上昇したのか下落したのかが一目でわかるようになっています
そして一番高い点(高値)と、実体を結んだ一本の縦の直線を「上ヒゲ」、
一番低い点(安値)と実体を結んだ縦の一本の直線を「下ヒゲ」と呼びます。


ローソク足.jpg



ブログランキングに参加しています。
皆様にクリックいただけると励みになります。
今回の投稿記事が役に立ったなと思われた方はお手間かけますが、
クリックお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ







posted by Dr.D at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | FX用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高値 安値

FX市場で、1時間とか1日とか1か月といった、一定期間のうちでついた
最も高い値段が高値(たかね)、一定期間のうちでついた最も低い値段が
安値(やすね)です。

どの時間足のチャートを見ても、高値、安値で相場の方向が変わることが多いです。
その瞬間には、その値段が高値か安値かは分かりませんので、直近高値、直近安値を
利益確定や、損切りの目安にしてトレードしている方は多いと思います。
チャートを見る時に注目して見てください。

posted by Dr.D at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | FX用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月19日

FXトレードに必要なもの

@資金
まずは資金が必要です。以前は、日本国内のFX口座も、レバレッジ規制が
なかったので、10万円くらいで始められましたが、現在国内のFX口座の
レバレッジは最大25倍に規制されているため、10万円では厳しくなりました。
しかし、1000通貨での取引ができる証券会社(FX業者)も出てきていますので、
そこで口座開設すれば10万円でも始められないことはないです。

AFX口座
FX取引のために、証券会社にFX口座を開設する必要があります。
今は、web上で手続きが完了できますので、簡単に開設できます。
各証券会社では、デモトレードができますので、注文がしやすい等、
自分に合った証券会社を探してみてください。

Bトレードのスキル
知識がないまま、FXの取引を始めてしまうと高確率で資金を失ってしまいます。
現在は書籍もたくさん出ていますし、インターネットの無料情報でも、
結構勉強できます。最終的には、自分のトレードルール(ロジック)
確立していってください。
このブログでも、損切りにあっても、トータルでは勝っている私の
リアルトレードを公開していきます。

C資金管理術
FXで破産しないためには、資金管理術が必要になります。
初心者の方は、損切りできない人が多いですが、エントリーの時点で、
損切りラインを決めておけば、損切りになっても、大切な資金の数%しか
失わないという気持ちで、自分の資金を守ってください。
詳しくは、また一緒に勉強していきましょう。





posted by Dr.D at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | FX基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。