2015年06月10日

ポジポジ病

ポジポジ病の「ポジ」とは、ポジションのことです。トレードを
したいあまりに、無駄にポジションを持ちすぎてしまうことを言います。
ポジポジ病は、特にFX初心者にありがちです。

エントリーを繰り返して、それだけ勝てれば良いのですが、数多くトレードを
したからといって勝ち組になれるほどFXは甘くありません。
不用意なトレードの先に待っているのは、連敗大きな損失、更には
マーケットからの退場です。
ポジポジ病に悩まされている方は、一刻も早くその状況から抜け出さなければ、
FXでの成功はないと考えてください。

対処法;
ポジポジ病では、結局トータルでは勝てないという経験をデモトレード等で
積んでください。さらに、投資メンタルを強化するなどの対処はあると
思いますが、一番の対処法は、勝てる自分ルール(ロジック)の確立だと
思います。年単位とか長期では、絶対に勝てると確認できている自分ルールが
あれば、エントリーのタイミングが自ずと決まるため、ポジポジ病に
成りようがなくなります。








posted by Dr.D at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | FX用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日銀総裁の発言

本日のドル/円の急落は、日銀総裁の発言が要因のようです。

朝方から1ドル=124円台半ばを中心に小動きでしたが、午後1時を過ぎて、
黒田東彦日銀総裁が国会の衆院財務金融委員会で
「実質実効為替レートで、ここからさらに円安はありそうにない」
との発言が材料視されて急伸し、一時1ドル=122円台半ばまで一気に
円買いドル売りが加速しました。

要人発言で、かなり為替レートは動きますが、即対応するのは難しいですね。






posted by Dr.D at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ドル円 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上昇トレンド終了

ドル/円は、6月5日に125.80円台まで上昇した後に、徐々に
下降していました。今まで上昇トレンドが継続していた時よりも
売り圧力が強まっていました。

本日、123.70円付近ののサポートラインを下抜け、安値の切り下がりが
起こったため、上昇トレンドは一旦は終了したと考えられます。

(6/10、15時頃  4時間足)
2015061015USDJPY.jpg

5/22の「ドル円、レンジ抜けたか?」
http://drd-fx.seesaa.net/article/419404467.html
の時、押し目で、120.70あたりで買えた方は、本日、123.70あたりで
ストップ(逆指値)に当たっても、300pips近くの利益が出たと思います。

ドル/円の売買は、次にトレンドがはっきりするまで様子見としましょう。



ブログランキングに参加しています。
皆様にクリックいただけると励みになります。
今回の投稿記事が役に立ったなと思われた方はお手間かけますが、
クリックお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



posted by Dr.D at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ドル円 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。