2015年06月01日

証拠金

FX(外国為替証拠金取引)のトレードを行うには、取引FX業者に口座を
開設する必要がありますが、その際に一定のお金を担保として預け入れます。
この担保金が「証拠金」と呼ばれるものとなります。

元々、「証拠金」は、商品先物取引で使われる用語で、担保として預け
入れたお金の範囲内で取引できるという仕組みです。
FXはレバレッジが効きますので、取引会社に預けている証拠金の
数倍〜数十倍の取引が可能です。


FX用語復習:
レバレッジ
http://drd-fx.seesaa.net/article/419880670.html








posted by Dr.D at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | FX用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

資金管理の重要性

(以前の記事)
FXトレードに必要もの
http://drd-fx.seesaa.net/article/419230739.html
で少し書いていますが、今回は資金管理について、勉強していきましょう。

資金管理をすることで、あなたの大切な資金を守ることができます。
資金管理さえ間違わなければ、FX口座に入金したお金を全て失うことは
100%無いと言っても過言ではありません。
お金を増やすことが目的ではなく、お金を減らさないことが資金管理の
目的となります。大切な資金を極力減らさないようにお金を少しずつ
増やしていくことが重要で、一獲千金を狙うと負け組トレーダーから
抜け出せないと思ってください。
1回の取引で何万円まで負けても許容できるかを自分で想像してみてください。

具体的に資金管理術について書いていきます。

@推奨する証拠金
FX口座に入金する証拠金は、全自己資金の10%程度を目安にするのが
良い思います。生活資金ではなく、最悪無くなっても生活できる額と
してください。全自己資金の10%以上をFX口座に入金すると生活が
かかってくるので、エントリーを待てなくなり、ポジポジ病になってしまいます。
エントリーした一つ一つのポジションに対して損切りのリスクがあるため
1回の負けで自分の許容できる金額の何倍もの損失となるリスクを
負わなければなりません。
ですから、エントリーはある程度良い相場を待たなければならないし、
生活費は注ぎ込まないようにしなければいけません。

Aポジションサイズ(ロット数)
固定ロットでエントリーせず、リスクにあわせてロット数を調整してください。
つまり負けた時の損する金額を一定とします。
短期トレード(デイトレード、スキャルピング)では、2%ルールといって、
FX口座の2%の損失が出た時点で損切りするというルールを守っている
トレーダーがいますが、スイングトレードでは、勝率が短期トレードよりも
高いため、5%の損失を許容されるトレーダーもいます。
FXはリスクが高い投資だと言う方は、このロット数の調節という概念が
ないのかもしれません。

Bロスカット(損切り)
「何円、何pips負けたから損切り」と、固定の損切りではなく、
トレード(短期または長期)や相場状況に合わせて、損切りする場所を
設定します。一度決めた損切りは、不利な方向には動かさないでください。
資金管理の意味が無くなってしまいます。

AとBについて、例を挙げると;
相場の直近安値を見て、損切りまで100pipsあるとします。FX口座にある
証拠金が100万円とすると、5%の損失を許容するならば、5万円の損切りは
許容できるので、5ロット(5万通貨)でエントリーすると、-100pipsで損切りに
あっても-5万円の損失で済みます。損切りまで50pipsなら10ロット(10万通貨)で
エントリーできます。
このように、損切りまでのpips数によってロット数を調節します。

トレンドの把握
トレンドを判断しよう!http://drd-fx.seesaa.net/article/419559497.html
と、資金管理の2つだけでもスイングトレードで勝てるようになるのが
実感できるようになります。




ブログランキングに参加しています。
皆様にクリックいただけると励みになります。
今回の投稿記事が役に立ったなと思われた方はお手間かけますが、
クリックお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



posted by Dr.D at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | FX基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。