2015年05月30日

順張りと逆張り

相場が上昇(または下降)傾向にある場合、その流れ(トレンド)に
乗ってトレンド方向にエントリーする事を、『順張り』といいます。

例えば、現在1ドル=100円のレートが1ドル=102円と円安に振れてきた場合、
「ドルを買う」という手法です。

逆に、現在1ドル=110円のレートが1ドル=108円と円高に振れてきた場合、
トレンド転換を狙い、「そろそろ底値で円安に転換するだろう」という
希望的観測の元、トレンド方向とは反対の方向にエントリーする事で、
買いを入れることを『逆張り』といいます。

順張りは、FXではトレンドが継続しやすいため勝率が高く、
利益を伸ばしやすく、初心者でも勝ちやすい手法です。
逆張りは、勝つ時は大きく勝てますが、勝率は低い手法となります。

初心者のうちは、順張りのスイングトレードをおススメします。


FX用語復習:
トレンドとレンジ
http://drd-fx.seesaa.net/article/419522413.html



ブログランキングに参加しています。
皆様にクリックいただけると励みになります。
今回の投稿記事が役に立ったなと思われた方はお手間かけますが、
クリックお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





posted by Dr.D at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | FX基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。