2015年05月31日

レバレッジ

FXの大きな特徴の一つとして、レバレッジという仕組みがあります。
少ない資金を担保とし、それにレバレッジをかけることで、
実際の手持ち資金よりも大きな通貨量を動かすことができます。
つまりFXでは、資金が少なくても大きな利益を上げることが可能で
あるということです。レバレッジとは、『てこ』の意味です。

例えば、10万円の証拠金でも、10倍のレバレッジをかければ、
100万円として取引ができます。

1ドル=100円の時、100万円分で1万ドルのポジションを持つことが
できます。レバレッジをかけなければ、10万円分で、1000ドルの
ポジションしか持てません。
1ドル=110円になって、決済した時、レバレッジをかけず、1000ドルだと、
1万円の為替差益ですが、10倍のレバレッジをかければ10万円の利益に
膨らみます。

また通貨間の金利差によるスワップポイントでの利益損失も、
レバレッジの分だけ膨らみます。

しかしながら当然、損失の場合にもレバレッジはかかります。
1万円の損失が10倍のレバレッジをかけていれば10万円の損失になります。
スワップポイントも同様です。

さて、なぜこのような取引が可能なのでしょうか?
それはFXの決済方法に理由があります。FXでは、通常の商品を
売買する時のように、その度に金銭の受け渡しを行うことはありません。
取引で生まれた差額分だけを決済する「差金決済」という方法なので、
少額での取引が可能になります。

例えば、1ドル100円のレートで、1万ドル(100万円分)を買ったとします。
しかしこの際に100万円を渡すわけではありません。
その後、レートが1ドル110円になり、1万ドルを売り決済すると、
110万円になります。この時も110万円を受け取るわけではなく、
差額である10万円分だけを受け取ることになります。
これが「差金決済」です。





FX用語復習:
スワップポイント
http://drd-fx.seesaa.net/article/420497558.html






posted by Dr.D at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | FX用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。