2015年06月11日

スワップポイント

スワップポイント」や「スワップ金利」とは、簡単に言うと
金利差のことです。通貨ペアで金利が高い方の通貨を保有している場合、
その通貨ペア間の金利の差額がもらえるという仕組みです。

日本は2015年1月時点で政策金利がわずか0.10%超低金利国です。
失業率が高いイギリスでさえ0.50%を超えていますし、オーストラリアは2.50%以上、
南アフリカ共和国にいたっては5.00%を超えています。

低金利国の通貨で高金利国の通貨を買うと金利差が生まれ、保持しているだけで
金利が得られます。
例えば、日本円の金利が0.10%、豪ドルの金利が2.50%のとき、豪ドル/円を買えば、
差し引き2.40%の金利が得られます。逆に豪ドル/円を売ると、差し引き−2.40%の
金利の負担になり、売りポジションを持てば持つほど日々少しずつ損をしていきます。

このスワップポイントを狙うトレードをキャリートレードと言い、超低金利国の日本円を
売る時に利益が発生する、FXのもう1つの稼ぎ方になります。

政策金利は一緒でもスワップポイントは全世界一律ではなく、FX会社によって
微妙に差があります。そのため、キャリートレードを行うなら、各FX会社で
公開している各通貨ペアのスワップポイントを、事前に確認しておきましょう。

しかし注意してほしいのは、為替レートが常に変動しているため、スワップポイントも
毎日変化しますし、仮に為替レートが円高に大きく変動したら、今までコツコツ
貰ってきたスワップポイント以上の為替差損となり、証拠金をほとんど無くし、
ストップロスにかかる可能性もあります。勝ち組トレーダーは、為替差益が多いので、
キャリートレードをトレードの中心で行っている方は、あまりいないと思います。








posted by Dr.D at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | FX用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。