2015年07月06日

ギリシャ国民投票、反対多数!!

ギリシャ国民投票の結果は反対多数となりましたので、今週も大荒れのスタートと
なりました。週明けのスタートから窓埋めに向けて反発していますが、各通貨ペアで
現時点では窓埋めまで上昇していません。

ギリシャ国民投票の結果が反対多数となり、金融支援の不透明感が増していますので
窓埋めできるかは、わかりません。

ただ、先週の場合は、スイス中銀の介入などによって夕方から急騰しました。
本日も先週月曜日と同水準でスタートしていますので、スイス中銀の動きには警戒が
必要となります。多くのトレーダーも警戒しているため、安易に売れる環境ではないと
考えます。

もう少し値動きの動向を確認してから、エントリーの判断する予定するほうが良く、
このままダラダラ下げるようであれば、下降トレンド転換が定着し、売りやすい環境に
なってきますので、それからポジションを持っても遅くないと思います。









posted by Dr.D at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ユーロ円 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。