2015年09月11日

昨日のドル/円の急騰

昨日午後、自民党の山本幸三衆院議員が「追加緩和は日銀10/30会合がいい機会」
など、具体的な発言を行った事で相場が急騰しました。
ドル/円は1、2分で121円台に乗せるほどの急な値動きが発生しました。

本日は今のところ、値動きは落ち着いていますが、上値も下値も堅いので、
目先の値動きは方向感が見えにくくなっています。

テクニカル分析では、200日移動平均線で価格が抑えられ、ダブルトップからの
トレンド崩しに変化がないので売り目線継続となりますが、昨日の急騰で、
取引が難しい状況になりました。

特に、来週は日銀会合やFOMCを控えており、追加緩和や利上げの見通しに注目が
集まっているので、様子見ムードとなっている側面もあるでしょう。

いずれに致しましても、今はポジションを取り辛い環境なので様子見です。

また、今夜は米指標の発表を控えていますので動きが出る可能性がありますが、
ポジションを取る場合は数時間単位の短期となると思います。

今日の経済指標
21:30 (米) 8月生産者物価指数
23:00 (米) 9月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値








posted by Dr.D at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ドル円 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。