2016年11月01日

11月に入りました。今日は注目の発表ありです。

本日から11月です。

本日から多くのイベントがありますので、注意が必要です。
この後のスケジュールは以下に示します。

・10時 中国PMI
中国国家統計局が発表した10月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は51.2で9月の50.4から上昇、市場予想を上回り、経済の安定化を示す内容となりました。

PMIは50を上回れば景況拡大を、下回れば悪化を示します。

・11時30分頃〜13時頃 日銀会合の結果発表

・12時30分 豪金融政策の発表

・15時30分 黒田総裁会見

・23時 米ISM製造業景況指数


円高や円安はもちろんですが、豪金融政策の発表では豪ドルの動きに注意したいところです。


また、23時のISMでは予想51.7に対して結果は出るでしょうか?

再び50を割り込み、予想を下回る結果となれば、ISMショック(ドルの急落→円高)となる可能性もあるでしょう。


現時点でドル/円は上昇トレンドを維持していますので、基本は買い目線ですが、安値を切り下げてしまった場合は、短期的に売りに切り替えるなど、検討していきたいです。


posted by Dr.D at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ドル円 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。