2016年08月06日

仲値

仲値(なかね)とは、銀行などの金融機関が顧客との外国通貨(外貨)取引の際の基準レートのことです。
TTMとも呼ばれています。TTSとTTBの中間値が仲値になります。
TTSとは、銀行から外貨を購入する時のレートで、TTBが銀行に外貨を売る時のレートになります。

刻一刻と動く為替レートを、取引のたびに銀行に問い合わせていては大変なので、どこかのタイミングでその日の取引レートを決めてしまおうということで仲値という制度ができました。

この仲値が決まる時間が、日本時間の9時55分です。

その日一日の基準となるレートとなるため、仲値が発表される10時前に、為替相場が動くことがあります。
一般的に9時55分頃の仲値レート決定時間にかけてドル買いが強まる傾向があります。

銀行の立場から考えると、理由がわかります。
銀行は、仲値(AM9:55の為替レートを基準にしている)で丸1日取引をしなければなりません。

銀行が利益が上がる状態とは、より安いレートで米ドルを調達し、ドル高の状態で仲値が決まることです。
それにより銀行にとって、その1日のトレードが有利となります。
したがって、銀行は、AM9:55になる前の安い状態で大量に米ドルを仕入れるのです。

結果として、AM9:55の為替レートを基準にしている仲値は円安ドル高になる可能性が高いです。

仲値で決定された取引レートは、その後、余程大きな為替変動がない限り、その日一日の間適用されることになります。
仲値から1円以上の変動があった場合には、仲値は【公表停止】となり、改めて仲値の決定が行われます。


posted by Dr.D at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | FX用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月19日

押し目買いと戻り売り

まず、「押し目」とは、相場が上昇トレンドになっている際に、一時的に
調整(下落)するポイント
のことで、チャートを見るとになっているところです。
そして、「押し目買い」とは、「押し目」で「買い」エントリーする
トレード手法になります。相場が上昇しても、一定のポイントで売り注文が
入って調整(下落)するため、そこで再び買ってトレンドに乗っていくことで、
利益を伸ばすをことができます。

ただ、チャートの形は無数になり、押し目が形成されない相場もあります。
ゆるやかな上昇トレンドだったのが、急にスピードを早めて上昇していくような
ブレイク時等によく見られますが、このような相場では、しばらく一方向に
動きますので押し目がありません。これが、よく言われる
押し目待ちに押し目なし
です。

押し目を待っても都合よく下落するものではないので、チャンスを逃してしまう
という格言ですが、そもそも先の相場の動きプロトレーダーでも正確には
分からないので気にする必要はありません。逆に焦って飛び乗るようなトレードこそ
リスクが高まるので、タイミングが合わなければ気長に次の機会を待つように
してください。



次に、「戻り」とは、相場が下降トレンドになっている際に、一時的に上昇する
ポイント
のことで、チャートを見るとになっているところです。
そして、「戻り売り」とは、「戻り」で「売り」エントリーする
トレード手法になります。相場が下落しても一定のポイントで買い注文が入って
上昇するため、売りを仕掛けてトレンドに乗っていきます。

ただ、「押し目買い」の時と同様に、戻りが形成されないような相場もあります。
これは、「押し目待ちに押し目なし」の逆で
戻り待ちに戻りなし
とも言われています。




という訳で、チャートの形状には様々なパターンがありますが、
「押し目買い」と「戻り売り」はトレンドに沿った基本的な手法なので、
しっかり抑えてトレードしてください。






posted by Dr.D at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | FX用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月16日

エントリーとエグジット

FXでは、エントリー(Entry)とは、ポジションを建てることを言い、
エグジット(Exit)とは、ポジションを決済することを言います。

エントリーとエグジットは、「一つのエントリーと二つのエグジット」があり、
二つのエグジットとは利食い損切りのことです。
基本的には、エントリーした時に、利食いと損切りについても決まって
いなくてはいけません。
エントリーと利食いと損切りは、いずれも重要ですが重要度で順番をつけるのであれば、
1.損切り
2.エントリー
3.利食い
の順になります。損切りがもっとも大切です。FXとは「資金を増やす」ことよりも、
資金を減らさない」ことが重要だからです。そして、
損切りは自分で決めるもの、利食いはマーケットが決めるもの」です。
初心者の方は「損切りが難しい」と言いますが、上級者になればなるほど、
利食いが難しい」と言います。


損切りは、エントリーした瞬間に明確に決まります。損切りとはトレンドが
消滅するポイントです。
(復習:トレンドを判断しよう!http://drd-fx.seesaa.net/article/419559497.html
買いの順張りスイングトレードでは、損切りを直近の主要な安値の下に置きます。
順張りスイングトレードは、いわゆる押し目買い・戻り売りの売買戦略であり、
直近の主要な安値を割り込むということは、上昇トレントが崩れる
(ダウ理論におけるトレンドの認識)ということを意味しますので、直近の主要な安値を
割り込むとトレンドが消滅します。このように損切りは明確かつ簡単です。


一方、利食いは明確ではありません。マーケットの動きに合わせて、利益を
伸ばす必要があるからです。損切りが、しっかりとできるのは大前提ですが、
その後は利食いをできるだけ我慢してください。マーケットは含み損を抱えている
投資家が嫌がる方向に進む傾向があります。逆にいえば、含み益になってはさらに
含み益が膨らむ方向に進みやすいということです。
勝ち組になるためには取れる相場で、きちんと稼いでくださいね。


FX用語復習:
ポジション
http://drd-fx.seesaa.net/article/419770769.html

トレンドとレンジ
http://drd-fx.seesaa.net/article/419522413.html






posted by Dr.D at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | FX用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。